近未来戦士ヒロミの暗号通貨ライフ

暗号通貨・仮想通貨について情報発信をしていきます♪皆様に有益な情報をお届けできるようにがんばっていきます。

クリプトピア ハッキング事件で資産を凍結されてる方へ 進捗状況

Cryptopiaアカウント所有者の更新2019年8月22019年8月21日

 クリプトピア ハッキング事件で資産を凍結されてる方へ 進捗状況を英語の記事から翻訳をかけたものを投稿します
記事は8月20日の記事になります。
自動翻訳なので読みづらさがあると思いますがよろしくお願いします。
 

Cryptopia暗号資産の所有権を確保し、それらの権利を保有する人々の利益のために保持することに向けて、私たちは順調に進歩しました。以下は、2019年7月3日の最終更新以降の進捗の概要です。

資産の保護

現在、米国のサードパーティデータセンターによって保存されたCryptopiaデータを所有しており、前回の更新以降、そのデータへのアクセスに成功しています。データにはCryptopiaの顧客保有の記録のみが含まれており、特定の暗号資産はこれらのサーバーにのみ保存されていたため、これは顧客保有を判別するための非常に楽しいステップです。

前述のように、現在、所有している暗号資産を「安全でハッキングされていない環境」に移行しています。2019年1月のハッキングの原因はまだ特定されていないため、予防措置としてこれを行っています。

このプロセスは、清算前にCryptopiaによって開始されたものであり、データがハッキングの対象ではない暗号資産やその他のデータを破損しないようにするために必要です。

また、1月のハッキングの原因を特定するために行っている作業に関して、ニュージーランド警察や他の当局と国際的に協力を続けています。

顧客保有の決定

顧客の保有を決定するのになぜ時間がかかるのか、顧客が不思議に思っていることを感謝しています。プロセスの時間と複​​雑さには、主に2つの理由があります。

  1. 顧客は個々のウォレットを持っていなかったため、ウォレットのキーだけを使用して個々の所有権を判別することは不可能です。
    Cryptopiaは顧客の保有の詳細を保持し、Exchangeでこれらを報告しましたが、暗号資産自体はコインウォレットにプール(混合)されました。集中化された取引所として、ユーザーの取引は取引所の内部台帳で発生し、ブロックチェーンで確認されません。
  2. 顧客データベースとウォレットに保持されている暗号資産との間の詳細な調整プロセスはこれまで完了していません。 
    各顧客の保有を判断するには、プールされたウォレットに保持されているものを判断する手動プロセスを実行し、情報を顧客データベースに保持されているものと調整する必要があります。このプロセスにより、個々のアカウント所有者の保有が示されることを期待しています。このプロセスは順調に進んでいますが、完了するまでにまだ時間がかかります。私たちは、900,000を超える顧客のアカウントの調整に取り組んでいます。多くの顧客は、複数の暗号資産、数百万のトランザクション、400を超える暗号資産を保有しています。これらは1つずつ調整する必要があります。

ハッキングされた資産

2019年1月にハッキングされた暗号資産をどのように回復できるか、または回復できるかどうかを判断しています。これは、サードパーティの協力が必要な複雑な状況です。

次は何が起こる

調整プロセスは順調に進んでいますが、暗号資産を顧客に返却する前に、ニュージーランドの裁判所からの指示が必要です。最後の通信に含まれる法的プロセスの概要を示す情報は現在も最新であり、以下にあります。

暗号資産の法的地位、Cryptopiaとその顧客との法的関係、および暗号資産を顧客に返却する方法については、引き続き法律顧問と連携しています。ただし、1月のハックにより、これは複雑で時間のかかるプロセスです。たとえば、ハッキングされたExchangeを単純に再開することはできません。資産の返済または返還を検討する際のマネーロンダリング防止/クライアントの確認(AML / KYC)要件など、清算人が満たす必要のある特定の法的要件と義務がニュージーランドおよび国際的にあります。

KYCプロセスは避けられません。ニュージーランドでは法的要件であり、暗号資産を返却する前に、このプロセスの完了方法についてお客様に対応します。CryptopiaでKYCプロセスを以前に完了したお客様は、当社が設定したプロセスを実行する必要があります。

アップデートの入手先

クリプトピアの清算に関する進捗状況についてご連絡いただきたいと思います。さらなる情報が得られたら、引き続き更新します。